×
HOME>アーカイブ>具体的に自分のお店の弱点等をどのような仕組みで判断するのか

おのおのの仕組みを把握しツールを導入する

固定電話

少しでも店舗運営におけるコストカットをするため人員配置の適正化をしたい、自分のお店の強みや弱点をきちんと把握したいとお悩みの事業主の方等はいませんでしょうか。そんな企業等の悩みに応えるべく、今は店舗売上アップのために活用出来る様々のツールが様々な会社から提供されています。店舗の売上アップツールと一言でいっても色々な仕組みで支援してくれるツールがあり、自分たちのお店に最適なツールを導入する必要があります。例えば、機会損失を防ぐためのツールがあります。これは、客の動きを把握するためのカメラを設置して、その映像データから客数に対して店員が少ない時間や客が購入しようとしたのに商品を元に戻してしまう等という行動を把握しそれに対処する方法を考えやすくするというツールです

導入が初めてというお店のために

ショッピングモール

今では様々な仕組みで店舗の売上アップのために使えるツールがありますが、ここを読んでいる事業主の方等の中にはツール導入が初めてという人もいるかと思います。そうしたツール初心者の方にアドバイスしたいのは、皆が良いといっているものをあまり検討をせず導入するのではなく必ず自分の店舗の具体的な弱点を見極めてから導入するという事です。多くの人の口コミが良かったり導入実績が豊富だったとしても、それが必ず自分の店舗の状況を改善してくれるとは限りません。口コミを確認する際等も自分の店舗の状況と似たものを参考にしましょう。

導入の際のルールには何がある

ガッツポーズ

その他、店舗売上アップツールの導入の際のルールとしては、必要以上のツールを導入しないというのも大事です。業務の効率化等を目的にツールを導入するのに、いくつものツールを導入してしまいそれらの使い方を覚えるために時間を費やしてしまい、かえって非効率的になってしまったという店舗の方の失敗談もよく耳にします。ここはツールに任せてそれ以外の事は人間の手で行うという一定のルールを決めてツールを最大限活用出来るような環境にしましょう。

広告募集中